歯科で抜歯する注意

歯科で抜歯する注意について

歯科で抜歯する際の注意点

骨粗鬆症で治療されている方には抜歯の際に注意しなければならない人がいます。それはビスホスホネート系の薬剤をのんでいる方です。具体的な商品名として内服ではゾメタ、ダイドロネル、フォサマック、ボナロン、アクトネル、ベネット、注射ではアレディア、オンクラスト、テイロック、ビスフォナールなどです。最近ではジェネリックもあるため~ドロン酸とつくものは当てはまります。なぜこのうような薬をのんでいる人は注意しなければならないのでしょうか。それは顎骨壊死を起こす可能性があるからです。BP剤を使用している方の歯科治療に際しては、医師との間で打ち合わせが必要ですので自身での判断せず必ず担当の歯科医師にBP剤を内服(あるいは注射)していることを伝えてください。

歯科医院での抜歯後の処置

できれば歯を残したいと考えていても、症状の進行した歯周病では抜歯しなければならないというケースが多いものです。虫歯の場合も歯髄まで延焼が達していれば同様に歯を残すことは難しいでしょう。歯科医院でもできるだけ残すように治療を進めてくれますが、限界があります。抜歯後にはそのまま放置しておくと歯並びの観点から好ましくありませんので、入れ歯やブリッジなどで失った歯の部分を補う治療が必要となります。自費治療のために高額となりますが、インプラント治療も人気があります。歯科医師とよく相談の上、治療方針を決めていきましょう。

↑PAGE TOP